会社設立時の祝い金の取り扱い方

会社設立 税理士

・会社設立と祝い金について
ここでは、会社設立をした時に受け取ることがある祝い金についての、取り扱い方を解説したいと思います。
祝い金は会社の収入という形で処理されるのでしょうか?
会計上どうなるのかを説明していきます。

・祝い金に税金は掛かる?
これは、祝い金の贈り主の立場によって、課税されるかどうかの判断が変わります。
親族から個人的に無償で祝い金が贈られた場合は、非課税贈与という形になるので、金額が常識的な範囲であれば税金は掛かりません。
ですが、贈り主が事業者である場合は、税金の課税対象にあたる場合があります。
つまり、贈られてきた祝い金が無償の贈与であるかどうかの判断で、課税されるかどうかが分かれるということです。

・税金が掛かるとしたら何所得になるの?
事業者から祝い金が送られた場合は、事業所得として課税対象になります。
事業所得というのは、授業をする上で発生した事業収入のことで、法人所得税の課税対象になります。
仮にお祝い金が知人からもらったお金である場合は、贈与に該当する場合がありますが、今後その知人がお客さんになりうる相手だった場合は事業収入として計上した方が無難かもしれません。

・祝い金を渡す時の金額の相場
こちらが逆に、お祝いを渡す立場になった場合の時の事をお話ししたいと思います。
基本的に一般の方が個人的に会社設立のお祝いを渡す場合は、贈与税の対象にならない110万円以下に抑えて贈るのがいいでしょう。
お祝いというのはあくまでも気持ちですので、たくさん包む必要はありません。
ですがそれなりに相場というものがありまして、友人知人の場合だと1万円あたりが目安となっています。
親族になると3万円から5万円が相場で、ビジネス関係の相手での場合だと、大体5万円以上包むのが相場です。
とはいえこの辺りは、気持ちということになりますので、厳密には決められていません。
相手とこれから先深く関わりたい場合は、それ相応の金額を包んで渡すといいでしょう。

・お祝いで送ってはいけないもの
先方の会社設立お祝いする時に、現金お祝い金として包むのが一般的ですが、物品を送るケースもあるかと思います。
そういう時には送ってはいけないものがありますので、色々と事前に調べておいた方がいいです。
例えば、火を連想させるような物は避けるべきです。
これには家計が火の車や焦げ付きなどを連想させてしまうので、贈り物としては相応しくありません。
色々とマナーがありますので、きちんと調べてから贈り物をするようにしましょう。

会社設立時の税理士への相談内容

会社設立 税理士

会社設立の際、税理士に相談することをおすすめしている方は多いです。
しかし、実際に税理士に相談できることの内容について、わからないという方もいます。
税理士というのは、税金に関する専門家であり、会社や企業にとって有利になるようにサポートしてくれる人のことを言います。
もちろん、税理士の腕が良ければ効果的な節税を行うことはもちろん、税務に関してもスムーズに対応することができて便利です。
相談できる内容は色々とあるのですが、主にお金のことに関しては強いと言えるでしょう。
税理士はお金に関するスペシャリストなので、まずは相談してみてはいかがでしょうか。
ちなみに、よりレベルの高い税理士に対応してもらうと、プロフェッショナルとして色々な面でサポートしてくれます。
相談する税理士を選ぶ場合には、より実績や経験が豊富な人に相談しましょう。

まず、税理士に相談できる内容のメインとなるのが、税金に関することです。
特に会社設立後に重要となってくるのが、節税です。
税金を節約することができれば、余計な費用やコストもかからず、経営を続けていくことができるでしょう。
会社や企業として運営していくためには、この税金の節約が欠かせません。
もちろん、税金は日本という国を運営していくために必要なものなのですが、多くの企業や会社では節税を行っています。
税金に対しては、やはり極力は払いたくないのが、正直なところでしょう。
何に使われているかもわからない税金に大金を払うというのは、やはり国民にとって負担でしかありません。
そういう中で、税理士は合理的に税金の節約を行ってくれるのです。
そういう意味では、とても頼りになる存在だと言えるのではないでしょうか。

その他、税理士に関しては、必要となる税金の手続きや申請などもサポートしてくれます。
会社や企業であれば、毎年のように決算書の作成が必要となります。
また、その決算書を作成するためには、毎日毎月の取引を記録した損益計算書や貸借対照表が必要となってくるのです。
それらの作成やサポートなどもしてくれるのが、税理士です。
つまり、会社のお金に関することの他、企業の取引によって生じるお金の移動に関しても、色々な面からサポートしてくれるという特徴を持っています。
企業としてやっていくためには、この手の業務も必要となってくるので、心配な方は税理士に相談してみてはいかがでしょうか。

得意分野に特化した税理士in大阪

大阪で会社設立を考えている方の中には、税理士と顧問契約しようか悩んでいる人も多いと思いますが、率直に言うと税理士に税務を依頼するなら後々のことを考えても顧問契約を前提とした話し合いをするほうがコスト面でも会社の運営面でもメリットが多くなります。
たとえば税理士に会社設立手続きのみサポートしてもらったとすると、その後ほかの税理士に新たに税務を依頼しなければなりませんし、そうするとまたゼロからいろいろなことを伝えたりしなければなりませんので面倒ですし無駄なコストもかかってしまいます。

会計事務所の中には顧問契約を前提とした契約にすると利用料金が安くなるサービスをしているところも多いですし、得意分野に特化した税理士もたくさんいますので、会社設立~顧問契約ができる人に依頼するのがおすすめです。
たとえば会社設立にはいろいろな書類が必要になりますし、委任状があれば代行できることもありますので、税理士の資格以外にも代行業務ができる資格を持っている人だとかなり大きな戦力になるのではないでしょうか?

そしてもし顧問契約をしないということになれば、会社の税務はすべて自分たちでしなければなりませんし、税金関連の申請や確定申告などもすべて自分たちでやらなければなりません。
もしそこでミスが発生すると大きなトラブルになる可能性もありますし、そこに時間をかけるのであれば専門家に任せて事業に専念したほうが賢い選択ではないでしょうか?

特に初めて経営者となる人はまだまだ経営について学ばなければならない点も多いですし、会社設立から会社運営に特化した税理士なら幅広いサポートが可能なので困ったときにいつでも相談できるので心強いはずです。
経営者になると孤独な立場になりますから、いつでも相談できる存在がいるだけでもかなり安心感があるはずです。

つまり顧問契約するということは会社設立から会社運営、そして会計などのサポートを受けられるだけでなく、良きパートナーとして精神的にも支えられるイ存在と言えるのです。
それだけ重要なポジションになるわけですから、選ぶときには十分に情報収集してください。

直接会って話をしてみてこの人なら信頼できそうだという人に決めるようにしましょう。
最近では求めていることに応じて税理士を紹介してくれるところもあるみたいなので、そういった機関にも相談してみるといいかもしれません。

まずは近くの会計事務所で話を聞いてみるところからやってみてください。

会社設立の税理士費用の相場

税理士費用

会社設立を考えている方は、税理士に相談しようと思っている方も多いかもしれません。
実際に税理士に相談して会社設立をサポートしてもらっている方は多いです。
やはり税金対策や節税に関しては税理士が強いですし、その他の税務に関しても頼りになる面が大きいです。
そのため、多くの会社や企業では、税理士の力を借りています。
本来であれば1から経営者が税金のことについて学び、自分で税金対策や節税ができれば良いでしょう。
しかし、それもなかなか難しいのが現状です。法律も毎年のように変化しますし、それに対応していくことは難しい場合もあります。
予算的に余裕がある場合は、まずは相談してみてはいかがでしょうか。
ちなみに、専門知識が豊富な税理士に依頼すれば、費用はかかってしまったとしても結果的にコストパフォーマンスが良くなることも多いです。

まず、会社設立の際に税理士を使う場合、その費用相場は10万円~20万円前後となります。
多い場合には25万円ほどかかることもあります。
しかし、思っている以上に「安い」と思った方が多いのではないでしょうか。
そもそもこの手の費用は「高い」と思うことも少ないです。
実は良心的な報酬でサービスを提供している税理士も多く、その他の司法書士や行政書士、社労士も実は10万円~30万円ほどで対応しているところが多いです。
もちろん、費用の中には会社設立に必要な費用も含まれています。
会社としてやっていくために必要な手続きなどに関して必要となってくる手数料も含まれているのです。
つまり、上手に税理士を使っていけば、本来税理士に支払っている費用に関しては、5万円前後ということになります。
そう考えると、かなり良心的だと言えるかもしれません。
もちろん、そこは税理士によって変わってきますし、会社設立を目指す人によっても感じ方は違ってくるでしょう。

ただ、税理士に依頼しておけば、後々に税務のことで悩む場合なども相談できますし、税金対策や節税の際にもしっかりと対応してもらうことができます。
そういう日々の税金に関する悩みなども相談できると思えば、かなり心強い味方になってくれるのではないでしょうか。
もちろん税理士にもできることとできないことがあるので、そこは司法書士や行政書士とも併用しながら使っていくと安心です。
まずは専門的な知識がある専門家に依頼して、会社設立をサポートしてもらってみてはいかがでしょうか。

税務調査の依頼は頼める?

税務調査に悩んでいる大阪の中小企業の関係者は多いです。
法人は個人よりもこの調査が来やすいため、いかに規模が小さい会社とはいえ、個人事業主よりはこの調査を経験することは多いでしょう。
その結果、追加で課税される恐れもあるわけですが、大阪の税理士にはこの調査への対策はお願いできるでしょうか?
“税務調査の依頼は頼める?” の続きを読む

法人設立後に大阪の税理士まで頼めること

大阪の税理士まで法人設立後に頼めることは、営業開始に向けての手続き関係です。
会社を作れたら、営業を開始する前に税務署などへ届出を出します。
起業前は個人事業主として税金の手続きをやっていたと思いますが、これからは法人単位での税金がかかりますからね。
その開始の手続きだと思ってください。
“法人設立後に大阪の税理士まで頼めること” の続きを読む

中小企業は税理士に顧問を依頼できる

中小企業が税理士によく頼んでいることは、顧問です。
これも知っておくといいですね。
顧問とは、その会社を継続的に訪問し、相談などを受け付ける契約のこと。
わからないことがあれば、自社の顧問税理士まで相談すれば、疑問について答えてもらえます。
“中小企業は税理士に顧問を依頼できる” の続きを読む

ベンチャー企業が税理士を使うメリット

中小企業の中にはベンチャー企業も多いですよね。
そのような会社なら、税理士を使うメリットも大きいですよ。
たとえば税務や記帳といった事務作業を、税理士に一任できます。
ベンチャー企業などをクライアントにしている税理士の場合、決算の代行や日々の記帳の代理を請け負っていることが非常に多いですからね。
“ベンチャー企業が税理士を使うメリット” の続きを読む