中小企業ができる税理士への相談

大阪の中小企業が税理士に相談できることとは、たとえば税金の対応についてですね。
このための会計についても、一緒に相談できることが多いです。

まずはその中小企業にどんな税金がいくらかかるのかですよね。
相談すると、どんな税金がいつ、いくらかかるのか、それを試算してくれます。
税理士は会計にも詳しいですから、この試算はかなり信頼できますよ。
その結果を見て、いつまでにいくらお金を用意すればいいのか、具体的な計画が立てられますよね。
これで納税期限の直前になって、お金がないといったトラブルを避けられます。

もしこの相談をしなかったら、どうなるでしょうか?
もちろん義務ではないため、罰則等はありませんが、納税が苦しくなることは多いでしょう。
金額が事前にわからない上に、大企業ほどには資金繰りに余裕がないことも多いからですね。
高額な資本金はないことは多いですし、いざとなれば現金化できる資産なども特にないことが多いでしょう。

納税期限の直前になって、もしお金がなかったら融資を受けたいところですが、大企業ほど簡単に融資も受けられません。
何より融資を受けると利息もかかりますから、結局は経営を圧迫します。
このような慌ただしい資金繰りは、大阪にいる専門の税理士まで相談すれば、簡単に防げるわけです。
中小企業にとってぜひ相談したいことですね。

これとは別に、さらに会計についての相談も受け付けていることが多いです。
会計とは、日々の取引の記録を記載したもので、企業版の家計簿のようなものです。
税金の計算をするとき、この会計がきちんとしていないと正確に税額を計算できませんし、仕事のために必要だった経費も税務署から認められなくなります。
ですからきちんとつけないといけないものの、方法がわからなかったり、これに対応できるスタッフがいなかったりするでしょう。
そのようなとき、大阪の税理士まで相談すれば、会計の方法を指導してくれたり、税理士がその会社の会計を代わりにやってくれたりします。
このように大阪の税理士には、中小企業にかかる税金や、そのための会計について相談ができます。