会社設立の税理士費用の相場

税理士費用

会社設立を考えている方は、税理士に相談しようと思っている方も多いかもしれません。
実際に税理士に相談して会社設立をサポートしてもらっている方は多いです。
やはり税金対策や節税に関しては税理士が強いですし、その他の税務に関しても頼りになる面が大きいです。
そのため、多くの会社や企業では、税理士の力を借りています。
本来であれば1から経営者が税金のことについて学び、自分で税金対策や節税ができれば良いでしょう。
しかし、それもなかなか難しいのが現状です。法律も毎年のように変化しますし、それに対応していくことは難しい場合もあります。
予算的に余裕がある場合は、まずは相談してみてはいかがでしょうか。
ちなみに、専門知識が豊富な税理士に依頼すれば、費用はかかってしまったとしても結果的にコストパフォーマンスが良くなることも多いです。

まず、会社設立の際に税理士を使う場合、その費用相場は10万円~20万円前後となります。
多い場合には25万円ほどかかることもあります。
しかし、思っている以上に「安い」と思った方が多いのではないでしょうか。
そもそもこの手の費用は「高い」と思うことも少ないです。
実は良心的な報酬でサービスを提供している税理士も多く、その他の司法書士や行政書士、社労士も実は10万円~30万円ほどで対応しているところが多いです。
もちろん、費用の中には会社設立に必要な費用も含まれています。
会社としてやっていくために必要な手続きなどに関して必要となってくる手数料も含まれているのです。
つまり、上手に税理士を使っていけば、本来税理士に支払っている費用に関しては、5万円前後ということになります。
そう考えると、かなり良心的だと言えるかもしれません。
もちろん、そこは税理士によって変わってきますし、会社設立を目指す人によっても感じ方は違ってくるでしょう。

ただ、税理士に依頼しておけば、後々に税務のことで悩む場合なども相談できますし、税金対策や節税の際にもしっかりと対応してもらうことができます。
そういう日々の税金に関する悩みなども相談できると思えば、かなり心強い味方になってくれるのではないでしょうか。
もちろん税理士にもできることとできないことがあるので、そこは司法書士や行政書士とも併用しながら使っていくと安心です。
まずは専門的な知識がある専門家に依頼して、会社設立をサポートしてもらってみてはいかがでしょうか。