法人設立後に大阪の税理士まで頼めること

大阪の税理士まで法人設立後に頼めることは、営業開始に向けての手続き関係です。
会社を作れたら、営業を開始する前に税務署などへ届出を出します。
起業前は個人事業主として税金の手続きをやっていたと思いますが、これからは法人単位での税金がかかりますからね。
その開始の手続きだと思ってください。

これはすべての会社で必要な手続きです。
名前ばかりの会社で、実際には個人自営業者とほとんど変わらない零細企業だったとしても、正式には会社となったなら、必ず届出を行います。

必ず出さないといけないのは、法人を設立したという届出ですね。
大阪の管轄の税務署まで、これを提出してください。
また、青色申告や源泉徴収関係の届出など、必要があれば提出するタイプの届出もあります。
出さなかったからといって罰則はありませんが、これらは会社にとって有利になる特例です。
小さい会社であればあるほど、これら有利な特例はしっかり使っておきたいですよね。
これらの届出も出しておきましょう。

法人設立後にはこのような手間があるのですが、これは大阪の税理士まで相談できます。
必ず必要な届出の種類や作成方法のほか、設立した法人が利用できるその他の特例なども教えてくれます。
その特例を利用するための届出の種類や作成方法も相談できますよ。

また、自分でこれら対応をするのが難しければ、大阪の税理士まで代行の依頼ができることも多いです。
これをすると、必ず必要な届出、利用する特例のための届出を税理士の方でやってくれます。
起業直後は営業の開始に向けて特に忙しいことも多いですから、税務署へのただの届出となるこれらは専門家に任せるのもいい方法です。

このほか、税金とは関係ない届出もお願いできることがあります。
たとえば年金や健康保険の手続きですね。
これらも法人設立後には関係窓口まで届出をしないといけません。
起業に強い税理士の場合、これら税金以外の届出についてもあわせて代行を引き受けていることがあります。
大阪の税理士にはこのようなことをお願いできます。