中小企業は税理士に顧問を依頼できる

中小企業が税理士によく頼んでいることは、顧問です。
これも知っておくといいですね。
顧問とは、その会社を継続的に訪問し、相談などを受け付ける契約のこと。
わからないことがあれば、自社の顧問税理士まで相談すれば、疑問について答えてもらえます。

このときに相談料は基本的にかかりません。
顧問契約という形で月額料金がかかりますから、これを払っており、顧問として対応できる範囲のことを頼む限りは、追加料金ナシで相談できます。
顧問税理士にお願いできるのは、基本的には税務や経営についての相談ですね。
形はさまざまですが、これを願いすると、毎月1回は会社を訪問してもらえることが多いです。
そのときに税務についてわからないことや、経営状態に問題があるかどうかについて相談できます。

これの利点は、こまめに専門家のサポートが入るため、税務に不備が出にくかったり、節税策を確実にこなせたりと、経営が安定することです。
どれも中小企業にとってはありがたい話ですよね。
このようなことから、税理士に顧問をお願いする中小企業は多いです。
初めての起業で、中小とはいえ会社組織の運営がよくわからないときなど、顧問を頼んで毎月相談などできると、とても頼もしいですよ。

また、これをお願いすると、税理士の方でも定期的にその会社の会計や経営状態を知ることになるため、より適切なアドバイスができるようになります。
なぜなら、会計や税務、経営についてのアドバイスはケースバイケースなところが大きいからですね。
適切なアドバイスをするには、各企業について詳しい状況を知る必要があるのですが、顧問を頼むと毎月の相談を通して自然にそれが税理士まで伝わります。
その結果、アドバイスの内容もどんどん的確になっていくんですね。
中小企業にとってはこれもかなり頼もしい助けになるでしょう。

このように顧問税理士は中小企業にとってメリットが大きいため、頼む会社は多いです。
この依頼を請け負っている税理士も多いですから、ぜひ相談してみるといいです。